カナダのお役立ち海外生活情報や英語ライフあれこれ

東京オリンピックキャラクター候補の作者と名前!素顔は超苦労人だった

2018/10/02
 
東京オリンピック_
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
hana
カナダ・バンクーバー在住3年目の海外生活まだまだ初心者。 40代を行ったり来たりのワーキング主婦。究極の方向音痴と言葉の壁を克服しつつ、多くの人に役立つ情報は何だろうと日々奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

 

東京オリンピック・パラリンピック競技大会のマスコットキャラクターの名前が「ミライトワ」「ソメイティ」にそれぞれ決定しましたね~!

一般募集された大会マスコットは計2042件もの応募から3案候補まで絞られ、

最終的に全国の小学生によって投票で決定されました。

小学生はもちろん、一般市民が投票してマスコットを決めるというのは。五輪史上初の試みなんですって!

選ばれたキャラクターの作者は、福岡在住の谷口亮さんというイラストレーターの男性です。

今回は、東京オリンピックのマスコットに込められた意味や、作者・谷口亮さんの素顔について、

そして最終候補に残った残りの二つの作品についてもご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

東京五輪2020!マスコットキャラクターが決定

 

2018年7月22日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、大会マスコットキャラクターの名前を

「ミライトワ」&「ソメイティ」

に決定したと発表しました!

 

まずはお披露目☆じゃじゃーん♪

 

東京五輪エンブレム同様、市松模様をあしらった未来型ロボットのイメージで

ミライトワ…東京オリンピック2020

ソメイティ…東京パラリンピック2020

のマスコットとして、それぞれ活動することになります。

 

「ミライトワ」&「ソメイティ」について海外の反応は

 

「ふたり」なのか「二体」なのか迷いますが、日本はアニメが盛んな国だけあって、海外の人たちの意見もさまざま。

 

〇ポケモン見たい…

〇かわいい!!

〇フレンドリーっぽく見えない、なんか顔が怖い

〇なぜ顔にタイルを貼ってるの?

〇名前が難しい・覚えられない

 

などなど、辛口な意見もありますが、確かに日本人じゃなければ、市松模様といっても説明しないとピンときませんよね。

早速お二方の詳しいプロフィールを紹介しましょう。

 

東京オリンピックキャラクター「ミライトワ」名前の意味

 

「ミライトワ・MIRAITOWA」は「未来」と「永遠(とわ)」の2つの言葉を合わせた造語。

東京2020大会を通じて、世界の人々の心に、希望に満ちた未来を永遠に輝かせたいという願いが込められています。

 

「ミライトワ」のプロフィール

 

【性格】正義感が強い
【特技】どんな場所にも瞬間移動できて運動神経バツグン

ミライトワのコンセプトはズバリ!温故知新です。

昔のことを謙虚に学び、伝統を重んじながらも、最先端の情報を素早くとらえる鋭い面をあわせもっています。

 

東京パラリンピックキャラクター「ソメイティ」名前の意味

 

「ソメイティ・SOMEITY」とは、日本桜の代表的品種である「ソメイヨシノ」と、“力強い”という意味の英語「so mighty」を合わせた造語。

桜の触角を持っていて、力強さをアピールするソメイティ。

東京五輪2020大会を通じて、桜を愛でる日本の優しい心と、パラリンピックアスリートの素晴らしさを印象づけたいという願いが込められています。

 

「ソメイティ」のプロフィール

 

【性格】普段はおとなしい性格、いざとなると超人的パワーを発揮
【特技】桜の触角でテレパシーを送受信している。超能力を使って石や風と話したり、見るだけで物を動かすことができる

凛としたしなやかな内面の強さと、自然を愛する優しさをあわせ持っています。

 

東京オリンピックのマスコット紹介動画

 

ミライトワとソメイティは、性格は真逆ながら、お互いを尊重しあう大の仲良しという設定です。

今後の大いにオリンピックを盛り上げてくれそうですね!

 

東京オリンピックのマスコット・最終候補は3作品はこれだった!

 

一般から募集したマスコットの応募数は計2042件。

そこから有識者の審査会で最終候補3案(ア案~ウ案)まで絞り込んだのち、2017年12月~2018年2月にかけて、

日本全国および海外の日本人学校の16,769校の小学校が参加し、投票によって選ばれました。

 

ア案)キャラクター設定と作者

 

【作者】谷口亮さん(40代男性)・福岡県在住のイラストレーター

東京オリンピック

引用:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1712/07/news062.html

 

オリンピックマスコット 伝統と近未来が1つに!温故知新のロボット(妖精)のイメージ
パラリンピックマスコット 桜の触覚と超能力を持つクールなロボット(妖精)のイメージ

 

イ案)キャラクター設定と作者

 

【作者】矢野花奈さん(20代女性)・東京都在住のゲーム会社大手のイラストレーター

東京オリンピック

引用:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1712/07/news062.html

 

オリンピックマスコット 日本を暖める炎と大地から生まれたキャラクター・イメージは招き猫+キツネ
パラリンピックマスコット 日本に四季を呼ぶ風と空から生まれたキャラクター・イメージは神社の狛犬(こまいぬ)

 

ウ案)キャラクター設定と作者

 

【作者】秋本早苗さん(20代女性)・東京都在住のイラストレーター

東京オリンピック

引用:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1712/07/news062.html

 

オリンピックマスコット 日本昔話から飛び出してきたような、キツネの顔に日本古来の勾玉(まがたま)をあしらっている
パラリンピックマスコット 頭の上の葉っぱを使って自由自在に変身できる、日本古来の化けるタヌキのイメージ

 

3候補の投票の結果は…

「ア案」の作品:10万9,041票
「イ案」の作品:     6万1,423票
「ウ案」の作品:     3万5,291票

で、圧倒的にア案の作品が全国の小学生のハートを射止め、見事当選しました。

 

東京オリンピックマスコットの作者・谷口亮さんってどんな人?

 

最終的に決定したア案の作品を手掛けたイラストレーター・谷口亮さんはどんな方なんでしょう。

 

谷口亮さんプロフィールや経歴

 

【名前】谷口 亮(たにぐち りょう)
【誕生日】1974年9月5日(2018年現在43歳)
【出身】福岡県福岡市
【職業】イラストレーター・キャラクターデザイナー・九州デザイナー学院非常勤講師
【公式ホームページ】http://ryos-w.com/

1997年 カリフォルニア州・Cabrillo Collegeで美術を学ぶ。
1999年 25歳から日本で本格的にオリジナルキャラクターの制作を開始。

可愛らしいキャラクターの生みの親とは想像しにくい(?)、見た目はちょっとコワモテな谷口亮さん。

父親も同じくイラストレーターという仕事ということもあり、自然にイラストレーターの道へ進まれました。

しかしその道は厳しく、路上で自作のキャラクターグッズやポストカードを販売していたことも。

奥さんと一人娘のお子さんがいらっしゃいますが、受賞が決まった時のインタビューでは開口一番、

「(金銭面で苦労をかけた妻に)回らない寿司を食べさせたい」

とのエピソード。

うぅ泣けちゃいマス…!!奥様に金メダルを差し上げたい(笑)!

本当におめでとうございます!

 

▼谷口亮さんの他の作品

谷口亮さんへの報酬はいくら?権利は今後どうなる?

 

と、ここで気になるのが、東京オリンピックのキャラクターグッズが売れるたび、これから谷口亮さんには

「権利収入」的にチャリンチャリンと未来永劫お金が入って来るのかな~?

という点。だったらめちゃオイシイ( ;∀;)…

 

調べた結果…↓↓

 

谷口亮さんへの賞金は100万円。のほか、五輪・パラリンピックの開会式に招待される。
作品の著作権は国際オリンピック委員会(IOC)などが持つために、権利料などは入らない。

2018年3月1日 日刊スポーツ

 

とのこと!

五輪キャラクターの作者の賞金が『100万円』…

ご苦労掛けた奥様のためにも、もう少し一時金があってもいいのでは?

と大変余計なお世話ですが(笑)思ってしまいました。

でも!イラストレーターの方にとって、こんなに名誉ある賞はないですよね。

今後ますます谷口亮さんの絵に注目が集まりそうですので、

ますます谷口亮さんのお仕事が、これから商売繁盛すること間違いありません!

 

東京オリンピックキャラクター候補の作者と名前!素顔は超苦労人だったまとめ

 

東京オリンピックのキャラクターマスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」。

どの候補のキャラクターも、本当によく考えられたデザインでしたが、

最終決定したのは、福岡県在住のイラストレーター・谷口亮さんの作品でした。

一般市民から公募し小学生の投票で最終決定という、五輪史上初の試みもなかなか「粋」があって良い試みですよね!

オリンピックは誰しも平等に楽しめる、国を挙げての一大イベント!

「ミライトワ」と「ソメイティ」の活躍も、今から楽しみです!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
hana
カナダ・バンクーバー在住3年目の海外生活まだまだ初心者。 40代を行ったり来たりのワーキング主婦。究極の方向音痴と言葉の壁を克服しつつ、多くの人に役立つ情報は何だろうと日々奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バンクーバーの空に描く夢 , 2018 All Rights Reserved.