カナダのお役立ち海外生活情報や英語ライフあれこれ

ハート形の花・タイツリソウ(ケマンソウ/華鬘草)の花言葉!英語も紹介!

2018/07/02
 
ケマンソウ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
hana
カナダ・バンクーバー在住3年目の海外生活まだまだ初心者。 40代を行ったり来たりのワーキング主婦。究極の方向音痴と言葉の壁を克服しつつ、多くの人に役立つ情報は何だろうと日々奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

 

こちらの写真は、先日バンデューセン植物園に行った時に偶然みつけたbleeding heartと呼ばれる花です。

heartはハート・心臓のハートです。

初めて見たのですが、

たくさんハート型の花が吊り下がって、風にゆらゆら揺れる様子がなんてカワイイんだろう!

って感動しました。

ケマンソウ

@VanDusen Botanical Garden

 

でも「bleeding」は英語で「出血する」という意味。つまりbleeding heartは、

出血してる心臓…!?( ;∀;)

…まぁ体中に血液を送っているのは心臓なので、そのままと言えばそのままなんですけど、あまりに現実的(笑)

せっかくheartと言うなら

「ラブリーハート♡lovely heart」

とか可愛らしい感じにしてほしかったなぁと。

調べてみるとこのお花、丈夫で育てやすいため、ガーデニング初心者の人でも栽培がカンタン、鑑賞用として日本でも大人気♪

さっそく日本名や花言葉など調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

ケマンソウ(華鬘草)とは

 

タイツリソウは15世紀初め、室町時代に中国や朝鮮半島から日本に伝わったと言われています。

花色は「ピンク」のほかに「白」、品種改良された「黄」「赤」もあります。

別名タイツリソウ(鯛釣草)とも言います。

英名 Bleeding Heart
分類 ケシ科ケマンソウ属
学名 Dicentra spectabilis ,  Lemprocapnos spectabilis
原産地 中国、朝鮮半島
開花期 4~6月頃
花の色 ピンク、白、赤、黄
丈(高さ) 20cm~50cm程度
和名
  • ケマンソウ(華鬘草)
  • タイツリソウ(鯛釣草)
  • フジボタン(藤牡丹)
  • キンチャクボタン(荷包牡丹)

 

ケマンソウ(華鬘草)の特徴

 

ケマンソウは、見た目がかわいらしくユニークな花を持つ山野草として人気があります。

毎年4-6月ごろ開花し、アーチ状になった花茎一本に15輪ほど釣り下がって咲きます。

ケマンソウ

@VanDusen Botanical Garden

 

9月ごろに地上部は枯れてしまいますが、休眠しているだけで根っこ部分は生きています。

翌年になるとまた花を咲かせるので、株分けで増やすことも出来ます。

 

毒性があるので注意

 

ケマンソウは、分類上はコマクサ“と同じケシ科の仲間

コマクサ

「コマクサ」 引用:ウィキペディア

↑花のカタチもよく似ていますね。

根や葉の毒性は強く、食べると嘔吐や心臓麻痺などの中毒症状を起こすので注意が必要です。

 

ケマン(華鬘)って何だ?

 

ケマンソウは漢字で書くと「華鬘草」。

「華鬘」(花鬘/花縵)とは、寺院のお堂でよく見かける仏具の一つで、仏前をかざるための花をかたどった飾りのこと。

丸型や楕円形のものに、草花などを透かし彫りにしています。

華鬘

引用:ウィキペディア

“ケマンソウって…なんだか意味不明!?”

と最初は思いましたが、

意味を知ると日本文化を反映していて、意外といい名前かも!と妙に感心してしまいました(^^♪

 

ケマンソウ(華鬘草)の花言葉

 

ケマンソウの代表的な花言葉は

『 従順』
『あなたに従います』
『恋心』

誕生花は

1/30・3/6・3/26・4/12・4/26・4/28・5/1・5/20・6/10・6/26

どの花言葉もプラスイメージ、とくにピンク色は見た目が可愛く、異性に対して花言葉と一緒に誕生日プレゼントとして贈るのはおすすめです。

※花言葉は、同じ花や色であってもしばしば複数ある場合があります。

ケマンソウも『冷めはじめた恋』『失恋』『憂鬱』といったマイナスイメージの花言葉もあると伝えてるウェブサイトもあるので、タイツリソウを好きな人に贈るときは、花言葉のメッセージカードも添えて送ってくださいね。

英語では、色別に

・ピンクのケマンソウ: romantic love(ロマンチックな愛)
・赤色のケマンソウ: romantic love(ロマンチックな愛)
・白色のケマンソウ: purity(純粋)

とされています。

ケマンソウはタイツリソウ(鯛釣草)のほうが一般的だった

 

このケマンソウ、別名はいくつかありますが、花の枝を釣り竿に見立てて、ぶら下がった花が鯛に似ていることから

「タイツリソウ(鯛釣草)」

という名前のほうが一般的に流通しています。

「心臓から出血している!だからBleeding Heart」

と見る国がある一方で、

日本人は同じものを見て

「大量の鯛が釣れてる!だからタイツリソウ」

とは…なんともおめでタイ。

国が違えば捉え方もずいぶん違いますね。

 

タイツリソウは苗も販売しています

 

タイツリソウは栽培の簡単な山野草。

「裸根(ハダカネ)」と呼ばれるごぼうのような太い根が販売されています。

病気や害虫の被害にもあいづらく、むずかしい園芸作業も必要ないそうですよ。

最近は人気が出てきたことから、ピンク以外にも白・黄・赤などの珍しい品種も流通しています。

こんなかわいい花が庭に咲いたら、見ているだけでテンション上がってしまいますよね。

ケマンソウ(華鬘草)を見つけた場所はここ!

 

今回ケマンソウを見つけたバンデューセン植物園(VanDusen Botanical Garden)は、バンクーバーで最も有名な植物園。

東京ドーム約5個分もある広い庭園のなかに約8000種類の植物が植えられていて、

一年中四季折々の草木が楽しめる観光スポットです。

バンデューセン

@VanDusen Botanical Garden

 

入口から左側のシャクナゲが見事に咲く『rhododendron walk』の途中に、ケマンソウはひっそりと2株だけ咲いていました。

植物園もケマンソウについては管理していないようで、案内にも記載が無く、本当に偶然見つけられたという感じ。

花は枯れてしまっても根っこが冬眠しているだけなので、

来年の4月~5月ごろ、あなたもぜひ見つけに行ってみてくださいね。

・バンデューセン植物園の行き方や見どころは?冬はイルミネーションも!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
hana
カナダ・バンクーバー在住3年目の海外生活まだまだ初心者。 40代を行ったり来たりのワーキング主婦。究極の方向音痴と言葉の壁を克服しつつ、多くの人に役立つ情報は何だろうと日々奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バンクーバーの空に描く夢 , 2018 All Rights Reserved.