カナダのお役立ち海外生活情報や英語ライフあれこれ

カナダ産ダウンジャケット!カナダグースの次に人気ブランドは?

2021/02/23
 
カナダ ダウンブランド
この記事を書いている人 - WRITER -
カナダ・バンクーバー在住3年目の海外生活まだまだ初心者。 40代を行ったり来たりのワーキング主婦。究極の方向音痴と言葉の壁を克服しつつ、多くの人に役立つ情報は何だろうと日々奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

 

冬のあったか高級ダウンジャケット、憧れますよね~!

海外ブランドで有名なものと言えば

  • カナダの【カナダグース】
  • フランスの【モンクレール】
  • イタリアの【タトラス】【デュベティカ】

などが代表的。

カナダのダウンジャケットといえば【カナダグース】一強というイメージですが、

実は、カナダブランドの高級ダウンは、カナダグース以外も沢山あります!

  • カナダグース以外でお手ごろ高級ダウンは?
  • シルエットがオシャレで可愛いブランドは?
  • 本物ダウンと偽物ダウンの見分け方

などなど、「第二のカナダグース」として、

日本でも次にヒットしそうな、カナダ発のダウンジャケット・コートブランドをいち早くご紹介!

トレンドを追い求めるファッショニスタは絶対に手に入れたいアイテム★見逃し禁止です!

 

ダウンジャケット=カナダグースはもう飽きた?!

 

カナダの高級ダウンジャケットの代名詞といえば

【CANADA GOOSE/カナダグース】

価格帯:80,000円~150,000円くらい。

カナダグースは、カナダを代表するアパレルブランドで、日本にも店舗が多数あり、カナダでも大人気です。

日本には、東京の直営店を始めとして、全国の駅ビルやデパートで取り扱いがあります。

でも、人気すぎるだけに

「ダウンジャケットを買おうと思っているけど、周りと同じものはイヤ!」

「カナダのダウンジャケットってカナダグースしかないの?」

という意見の人も多いと思います。

 

ちなみに、バンクーバーの街の人は何着てる?

 

ちなみに、バンクーバーの冬はダウンタウンなら比較的温暖、日本の東京の冬とあまり変わりありません。

なので、無理して高級ダウンジャケットを買わずとも、普通のコートでも頑張ろうと思えば頑張れます。(笑)

やはり、街中では老若男女問わず、カナダグース率は高めですが、

最近は、いろんな高品質のダウンジャケットのブランドがぞくぞく登場、日本にすでに進出&店舗があるものも!

早速紹介しましょう(^^♪

 


カナダグースの次に最強のカナダの本格ダウンブランド10選!

 

では、カナダが誇るカナダブランドのダウンで、

  • マイナス20℃の極寒でも対応
  • 高品質でオシャレ

という条件を満たしてくれる、とびきりオシャレで可愛いおすすめブランド10を紹介します!

❶CANADA GOOSE(カナダグース)
❷OSC CROSS(オーエスシー クロス)
❸QUARTZ (クォーツ)
❹Moose Knuckles(ムース ナックルズ)
❺PAJAR(パジャー/パジャール)
❻SOIA&KYO (ソイヤ アンド キョー)
❼MACKAGE(マッカ―ジュ)
❽RUDSAK(ルドサック)
❾SOREL(ソレル)
❿arctic bay(アークティック ベイ)

 

❶CANADA GOOSE(カナダグース) ※王道

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Canada Goose (@canadagoose)

 

創業年 1957年
発祥都市 カナダ・トロント
価格帯 6万~11万くらい

 

CANADA GOOSE(カナダグース)の特徴

 

大都会で着こなせる、極地で鍛え上げられた最強で王道の防寒ダウン、カナダグース。

「メイド・イン・ カナダ」にこだわり、南極探索隊やエベレスト登山隊など”プロ御用達のダウン”で知られています。

何十年もわたって試行錯誤を繰り返してきた、精密な縫製技術を活かして作り上げられる良質なダウンジャケット。

プロが信頼を寄せる抜群の機能性を持ちながら、ファッションとしてのデザイン性を持ち合わせているのが、カナダグース最大の特徴です。

今や北米のみならず、世界中にシェアを広げています。

 

CANADA GOOSE・カナダの店舗

 

本場カナダには、至る所にショップがあるカナダグース。

バンクーバーのダウンタウンなら、パシフィックセンターなどの主要ショッピングモールにももちろん入っています。

店舗検索はこちら

 

合わせて読みたい

 

CANADA GOOSE・日本の店舗

 

日本では東京の直営店を筆頭に、全国の駅ビル、コストコ各店舗(不定期)、エディフィス、ユナイテッドアローズなどのセレクトショップなど、全国の沢山のお店で取り扱っています。

店舗検索はこちら

 

▼通販で今すぐ送料無料&おトクな掘り出し物をチェック▼

楽天でカナダグースを見てみる

Amazonでカナダグースを見てみる

 

❷OSC CROSS(オーエスシー クロス) ※カナダで安定の人気

 

View this post on Instagram

 

A post shared by OSC Cross (@osccross)

 

創業年 1985年
発祥都市 カナダ・オンタリオ州トロント
ダウンコート価格帯 6万~10万くらい

 

OSC(オーエスシー)とは

 

安心安定の人気!寒冷地カナダの最先端技術が込められた、モダンで美しいデザイン。

Outdoor Survival Canada社(OSC)は2009年カナダのトロントで設立。

1985年からダウンウェアを専門に製作しているトロントの自社工場で、製品開発から設計、生産まで一括して行っていました。

一点一点ハンドメイドで製作されているMADE IN CANADAのダウンウェアは、

-40度の極寒にも耐えられるほど高機能で高品質です。

 

OSC CROSS(オーエスシー クロス) の特徴

 

OSC CROSSは、2012年OSCの都会用のブランドとして立ち上げられ、

クラシックモダンなデザインと、OSCの機能性・品質の高さはそのままに、

仕様は-25度まで耐え得るようにつくられています。

カナダグースに次いで、カナダ生まれの本格ダウンウエアとして、注目を集めているブランドです。

 

OSC CROSSは高い防寒性と都会的なデザインが特徴

 

OSC CROSSが展開する定番モデル『LEDUC(ルディック)』や、

ワントーンで仕上げたモデル『LASALLE(ラサール)』などがあります。

北米の厳しい基準をクリアした上質なダウンを使用しているので、都会的なシルエットが魅力。

ビジネススタイルにもおすすめですよ!

 

OSC CROSS・カナダの店舗

 

トロントが発祥地だけあって、トロントをケベックを中心にアメリカや香港にも進出しています。

店舗一覧はこちら

 

OSC CROSS・日本の店舗

 

日本全国40か所以上で取り扱いがあります。

店舗一覧はこちら

 

 

▼通販で今すぐ送料無料&おトクな掘り出し物をチェック▼

楽天でOSC CROSSを見てみる

AmazonでOSC CROSSを見てみる

 


❸QUARTZ (クォーツ) ※2017年日本初上陸

 

View this post on Instagram

 

A post shared by QUARTZ CO. (@quartzco)

 

創業年 1997年
発祥都市 カナダ・ケベック州モントリオール
ダウンコート価格帯 10万~17万円くらい

 

QUARTZ (クォーツ)の特徴

 

スッキリしたデザインのシルエットが特徴のクオーツ。2017年に日本初上陸!

ダウンコート10万円前後で。高級感があるデザイン。

カナダでも、カナダグースの次に人気と言われているQUARTZ (クォーツ)は、特に女性からの支持を高く受けています。

高品質のカナダ産ホワイトダックを使用し、ダウンコートなのにシンプルかつ、4種類あるシルエットタイプが魅力的。

軽さ・動きやすさ、スタイリッシュなデザイン性を兼ね備えた逸品です。

 

QUARTZ(クォーツ)・カナダの店舗

 

バンクーバー近郊では、ウェストバンクーバーのパークロイヤル他、カナダやアメリカに多数あります。

店舗検索はこちら

 

合わせて読みたい

 

QUARTZ(クォーツ)・日本の店舗

 

2017年に日本に上陸したQUARTZ (クォーツ) は、当初は全国に15店舗以上取扱店がありましたが、

現在はオンランショップでの取り扱いが中心のようです。

 

▼通販で今すぐ送料無料&おトクな掘り出し物をチェック▼

楽天でクォーツを見てみる
Amazonでクォーツを見てみる

 

❹Moose Knuckles(ムース ナックルズ) ※2018年日本初上陸

 

 

View this post on Instagram

 

Make a ball joke, we dare you 😏

A post shared by Moose Knuckles (@mooseknucklescanada) on

創業年 2007年
発祥都市 カナダ・ケベック州モントリオール
ダウンコート価格帯 8万~15万くらい

 

Moose Knuckles(ムースナックルズ)の特徴

 

日本で“ポストカナダグース”として注目!2018年冬に日本に初上陸した、ムースナックルズ。

サミのようなロゴマークのMoose Knuckles(ムースナックルズ)。

(カナダを象徴する大型動物)ムースはヘラジカ、ナックルは拳という意味で、拳を雪面につけた図をロゴにしています。

ニューヨークやロンドンなどの極寒の都市部で人気があり、色も派手めなものが多いので若者に大人気。

内側には《ムース》と《アイスホッケー選手》という、カナダのシンボル的な絵柄が刺繍されていて可愛いんです

カナダ ジャケット

 

Moose Knuckles(ムースナックルズ)・カナダの店舗

 

モントリオール中心にカナダ全土にあるMoose Knuckles。

バンクーバーには、ダウンタウンに3店舗、近郊の大型ショッピングセンターに合計11店舗あります。

海外はニューヨーク、イタリア、韓国など世界30カ国で大人気。

店舗検索ページはこちら

 

Moose Knuckles(ムースナックルズ)・日本の店舗

 

タフなガテン系ダウンの、カナダ発「ムースナックルズ」。

2018年秋に初上陸し、伊藤忠商事が輸入独占権を取得。

伊勢丹や阪急百貨店がこぞって強力プッシュ、期間限定店なども開催しているため、

これから日本で流行すること間違いなしのブランドです。

 

▼通販で今すぐ送料無料&おトクな掘り出し物をチェック▼

楽天でMoose Knucklesを見てみる

AmazonでMoose Knucklesを見てみる

 

❺PAJAR(パジャー/パジャール)

 

 

View this post on Instagram

 

Thank you for the love! #pajarcanada #pajar

A post shared by Pajar Canada (@pajarcanada) on

創業年 1963年
発祥都市 カナダ・ケベック州モントリオール
ダウンコート価格帯 6万円前後~

 

 

PAJAR(パジャー/パジャール)の特徴

 

あったかブーツも大好評!お手ごろ価格でカナダでじわじわと人気、PAJAR。

ダウンコート6万円前後からと嬉しい価格。

デザインはカナダですが、製造はMade in CHINAが多いことも、コストを抑えられるのだと思います。

“CANADA GOOSE”と比べて、引け目をとらないデザイン面と耐寒性、そしてクオリティーの割に安いので、

カナダで人気急上昇中のブランド。

まだまだ日本ではマイナーなのでねらい目です!

 

▼通販で今すぐ送料無料&おトクな掘り出し物をチェック▼

楽天でPAJARを見てみる
AmazonでPAJARを見てみる

 


❻SOIA&KYO (ソイヤ アンド キョー) ※メーガン妃もお気に入り!

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by SOIA & KYO (@soiaandkyo)

 

創業年 2004年
発祥都市 カナダ・モントリール
ダウンジャケット価格帯 4万~10万円くらい

 

SOIA&KYO (ソイヤ アンド キョー)特徴

 

メーガン妃もお気に入り!誰よりもおシャレでフェミニンなコートを探しているあなたに!

SOIA&KYO (ソイヤ アンド キョー)は、とにかくカタチが可愛いし個性的でオシャレ!

スタンダードながら大きめなボタンでアクセントの付いたキュートなウールコートや、ダウンコートなどが勢ぞろい。

カナダブランドですがMade in Chinaのものもあり、

価格帯も高すぎず、デザインも個性的なレディースブランドです。

 

▼イギリス王室のメーガン妃もお気に入りです▼

 

SOIA&KYO (ソイヤ アンド キョー)・カナダの店舗

 

バンクーバー近郊に10店舗、カナダ・アメリカに多数、アジアは台湾にも進出しています。

シルエットや形が本当に可愛らしくておしゃれなSOIA&KYO (ソイヤ アンド キョー)。

値段も比較的手の届く範囲ですし、個人的にも一番気に入りました。

日本にはまだ進出していませんので、カナダにいるなら是非早めにチェックしておきたいブランドです。

店舗検索はこちら

 

▼通販で今すぐ送料無料&おトクな掘り出し物をチェック▼

楽天でSOIA&KYOを見てみる
AmazonでSOIA&KYOを見てみる

 

❼MACKAGE(マッカ―ジュ)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Mackage (@mackage)

 

創業年 1999年
発祥都市 カナダ・ケベック州モントリオール
ダウンジャケット価格帯 8万~15万円くらい

 

MACKAGE(マッカ―ジュ)の特徴

 

マッカ―ジュの美人ダウンコートなら誰ともかぶらない!

カナダのモントリオール発アウターウェア中心のブランド。

カナダが誇る高級ブランドで、高品質・抜群の防寒性が自慢です。

とにかく美シルエットにとことんこだわったマッカージュのダウンは、

着膨れの悩みも一発で解消してくれる運命のダウンコートに出会えます。

 

MACKAGE(マッカ―ジュ)・カナダの店舗

 

バンクーバーは、ジョージアストリートの店舗を始め、ダウンタウンには4店舗、

カナダ・アメリカや韓国にも多数出店、日本にも近々上陸が期待されてるブランドです。

店舗検索はこちら

 

▼通販で今すぐ送料無料&おトクな掘り出し物をチェック▼

楽天でMACKAGEを見てみる

アマゾンでMACKAGEを見てみる

 

 

❽RUDSAK(ルドサック) ※北米で高い人気

 

View this post on Instagram

 

A post shared by RUDSAK (@rudsak)

 

 

創業年 1994年
発祥都市 カナダ・ケベック州モントリオール
ダウンジャケット価格帯 7万~12万円くらい

 

RUDSAK(ルドサック)の特徴

 

日本ではお目にかかることは少ないですが、北米中心に高い人気!

創業から20年以上、カナダの伝統とモントリオールの根ざした、斬新でエレガントなデザインのウェア、バッグ、アクセサリーなどのブランドです。

ダウンジャケットは、最高級のレザー、ファーのみを使用、メンズやキッズ商品も充実しています。

ダウンジャケット以外の革小物も可愛いので、お子さんとお揃いにしても!

 

RUDSAK(ルドサック)・カナダの店舗

 

バンクーバー近郊だとカルガリー・エドモントンに1店舗ずつ、

モントリオ―ルの西海岸に多数店舗があります。日本にはまだ店舗は無いようです。

最新の店舗検索はこちら

 

▼通販で今すぐ送料無料&おトクな掘り出し物をチェック▼

楽天でルドサックを見てみる
Amazonでルドサックを見てみる

 


❾SOREL(ソレル) ※ウィンターブーツと一緒に!

 

創業年 1962年
発祥都市 カナダ・オンタリオ州
ダウンジャケット価格帯 5万~10万円くらい

 

SOREL(ソレル)の特徴

 

世界中で愛されるウィンタースポーツのブーツの代名詞、SOREL。

母体は、アメリカの株式会社コロンビアスポーツが運営し、熊のロゴが目印。

1962年にカナダの極寒の大地で誕生したSOREL(ソレル)は、

50年以上経った現在も、ウインターブーツのスタンダードとして広く世界で受け継がれています。

そしてもちろん、ウィンターブーツに合わせるダウンジャケットも、フィルパワー700以上の高品質でオシャレと話題。

ブーツと一緒に、一度覗いてみる価値ありです!

 

SOREL(ソレル)・カナダの店舗

 

バンクーバーのダウンタウンなら、ロブソンストリート他3店舗、各主要アウトレットモール内に多数お店があります。

店舗検索ページはこちら

 

SOREL(ソレル)・日本の店舗

 

SOREL(ソレル)は、コロンビア系列のアウトレットや直営店に多数。

SOREL公式日本語サイトの店舗検索ページはこちら

 

▼通販で今すぐ送料無料&おトクな掘り出し物をチェック▼

楽天でSORELを見てみる

AmazonでSORELを見てみる

 

❿arctic bay(アークティック ベイ) ※カナダ愛にあふれた新ブランド

 

発祥都市 カナダ・ヌナブト州
ダウンコート価格帯 10万円~15万円くらい

 

arctic bay(アークティック ベイ)の特徴

 

メイドインカナダに徹底的にこだわった超本格派!arctic bay(アークティックベイ)。

マイナス55度の極寒でも耐えられる機能性と、都会的なファッション性をもつダウンとして生まれた、

CANADA発のMADE IN CANADAのに徹底的にこだわるブランド”Arctic bay”。

WINNINGPEG(ウィニペグ・カナダマニトバ州)にある工場で全ての工程を行っていて、

全製品は偽物と見分けるためのホログラムIDがついています。

 

▼これでもか!というほどカナダ愛にあふれたロゴ▼

 

View this post on Instagram

 

Water repellent fabric #quality

A post shared by Arctic Bay – Brave the Day. (@arcticbay) on

 

カナダ原産は各パーツにもこだわり、ファーにはボリュームある高品質のコヨーテやビーバーの皮を使用しています。

高級感はバツグン、本格的なダウンジャケットをお探しの方に是非おすすめ!

 

arctic bayの店舗

 

(2019年2月現在)今のところカナダにおいてもネットのみの販売のようです。

日本では、まだほぼ取り扱いはありませんが、

世界最大級のファッション展「IFF MAGIC Japan2017」にも出店したりと、

本格的なカナダブランドのダウンジャケットとして、これから期待大のブランドです。

 


高級ダウンは偽物も注意!本物との見分け方は?

 

高級ダウンは、人気の高まりに比例してコピー品(偽物)が多数出回るようになり、

本物と比べて見劣りしないクオリティが高い品物も、多数出回っています。

 

高級な素材と完璧な縫製技術から生まれたダウンジャケット、

思い切って購入したしたのに、偽物でがっかり…なんてことのないように

本物を見分けるための最低限のポイントを紹介します。

 

《ロゴワッペン》

多くのジャケットブランドは、ロゴワッペンが腕部分に刺繍されています。

偽物のロゴワッペンは刺繍が雑になっていたり、

スペルに誤字があったり、形が崩れていたりすることがほとんど。

 

《ファー》

偽物は、コヨーテ以外の安いファーを使っているため、ボリュームが無く毛並みが不ぞろい

 

《商品タグ》

商品タグには、さまざまな情報が記載されています。

偽物の場合、ネット検索しても、型番や店舗名が実在しないことがほとんど。

日本語に誤字があったりするのは、一目瞭然で偽物です。

国内正規品の場合は、実在する代理店タグが付いていることもあります。

 

オークションでも購入可能!

 

高級ダウンはどれも人気アイテムなだけあって、オークションなどの中古販売サイトでもブランド品が多く出品されています。

中古でもOK!という方という方は、ぜひチェックしてみましょう!

【オークファン】で探す:オークファン ダウンジャケット

 

失敗しない!良いダウンの選び方

 

本物のダウンジャケットを選ぶ条件として、

  • 羽毛のフィルパワー値が高い
  • 羽毛の充填量が多い
  • 不純物が少ない(しっかり洗浄されている)

なども確認すべきポイントです。

 

フィルパワー値を確認しよう

 

本格ダウンなら、タグや商品説明に必ず記されている

「フィルパワー(FP/Fill Power)」。

 

フィルパワーとは「ダウンの量(カサ)を表す数値」のことで、

羽毛約30g当たりの《膨らみ度合い》を立方インチで示した数値です。

 

フィルパワーの数値が大きければ大きいほど空気を多く含むため、保温性が高くなります。

つまり、同じ重量のダウンが含まれていたとしても、フィルパワーの数値が高いほうがより暖かいダウンジャケット、ということ。

ダウン フィルパワー

引用:https://www.trackmydown.com/down101.html

 

【フィルパワーの目安】

低ダウン品 … FP500以下
良質ダウン …FP600~700
高品質ダウン … FP700以上

 

一般的に高品質とされるのは、700フィルパワー以上のダウン。

900FPともなれば、《超》がつく高品質ダウンで、もっとも軽量で保温性なダウンジャケットということになります。

本格的なダウンジャケットを購入するなら、最低でも650FP以上のダウンをゲットしたいですね。

 

触って確かめることも大事!

 

良いダウンジャケットを選ぶ方法として、実際に商品を手で押す、指で揉むなどして触って確かめる方法もあります。

 

手で押したときにしっかり沈み込む感触があれば、羽毛の充填量は十分。

フィルパワー値が大きいほど(=高級品であるほど)、カタチがもとに戻るのが速いです。

 

フィルパワーの表示がない場合はダウンとフェザーの割合を見て、

「ダウン:フェザー=9:1」

がベストの割合とされています。

 

《手で揉んでチェック》
羽軸以外の固まりやブツブツを感じたら、羽毛以外の不純物が混じっている可能性がある

 

《反発性をチェック》
手のひらで押して、もとに戻るのを確認。フィルパワー値が大きければもとに戻るのが速い。

 

《手で押してチェック》
平らな場所に置いて、手のひらで押してみる。ぐっと沈み込む感触があると充填量が多い証拠

 

ダウンの羽毛は何の鳥?

 

ところで、ダウンジャケットに使われている鳥の羽は何の鳥の羽かご存知ですか?

 

ダウンジャケットの羽毛が採れるのは水鳥ですが、ほとんどが

ダック(アヒル)とグース(ガチョウ)

のものです。

 

ダウンのフワフワした小さな羽枝は、立体的な構造をしていて無数のエアポケットが存在します。

 

そこに空気をたっぷり含むから、空気の保温層をつくり、温かさをキープしてくれるんですね。

暖かく身を包んでくれる、ダックとグースに感謝ですね(^^♪

 

カナダ産ダウンジャケット!カナダグースの次に人気ブランドは?まとめ

 

高級ダウンが気になるけど、カナダグース以外で質がよくて可愛いブランド、

カナダ発の高級ジャケットブランド10選を紹介しました!

あなたの気になるブランドはありましたでしょうか。

カナダのジャケットブランド=カナダグースだけ?

と思いきや、全くの勘違いでビックリ!上質なダウンジャケットブランドが沢山ありましたね!

特に私は、

2018年日本に初上陸した❹Moose Knuckles(ムース ナックルズ)

メーガン妃お気に入りの❻SOIA&KYO (ソイヤ アンド キョー)

の2つは、早速チェックしようと思います!ミーハーなので(笑)

ぜひ、これから冬は本物の高級ダウンで温かく快適に過ごしてみませんか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カナダ・バンクーバー在住3年目の海外生活まだまだ初心者。 40代を行ったり来たりのワーキング主婦。究極の方向音痴と言葉の壁を克服しつつ、多くの人に役立つ情報は何だろうと日々奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バンクーバーの空に描く夢 , 2019 All Rights Reserved.