カナダのお役立ち海外生活情報や英語ライフあれこれ

カナダ発人気ブランド・Roots(ルーツ)のパーカーや時計は日本で買える?

2018/07/06
 
カナダ ルーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
hana
カナダ・バンクーバー在住3年目の海外生活まだまだ初心者。 40代を行ったり来たりのワーキング主婦。究極の方向音痴と言葉の壁を克服しつつ、多くの人に役立つ情報は何だろうと日々奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

 

“スエットスーツを普段着として着こなす!“

そんなことが出来る人はちょっとヤ〇キーっぽい人か、よっぽどおしゃれ上級者の人?!

なんて勝手なイメージがあった、残念ながらオシャレとは程遠いワタシww。

いやいや、きっと同じように思う人もいるはず…!?

ということで今回ぜひ紹介したいのは、カナダを代表するアウトドアブランド

『Roots(ルーツ)』。

今までのスエットスーツのイメージとは違って

 

カナダ全土にお店があり、「アウトドア&ナチュラル志向」が強いカナダならではのブランドです。

まだ日本には未上陸なので、カナダのお土産でも必須アイテム♪

人気の秘密や歴史などを紹介します。

スポンサーリンク

Roots(ルーツ)とは?

ビーバーのロゴがトレードマークの「Roots(ルーツ)」。

A post shared by Roots Canada (@rootscanada) on

バンクーバーでも着ている人をよく見かけます。

普段着として着ているだけでなく、カナダのお土産として、旅行者にも大人気。

アウトドアウェア、スポーツウェア・靴・時計・財布など商品も豊富です。

アメリカ・香港・上海・台湾含めカナダ国内外には200店舗以上も展開中。

バンクーバーのダウンタウンにも、ロブソンストリートに2店舗、ショッピングモールPacific Centre内に1店舗あります。

 

Rootsは創業50年以上の老舗ブランド

 

ルーツのブランドが誕生したきっかけは、1962年。

アメリカ・ミシガン州デトロイト出身のファッションデザイナー・Michael BudmanとDon Greenの二人が、

カナダ・オンタリオ州にあるアルゴンキン州立公園(Algonquin Park)で開催された、サマーキャンプで知り合ったことから始まります。

緑と湖が広がるカナダの大自然に感銘を受けた二人は、ミシガン州立大学を卒業後、

Budmanは1969年に、Greenは1972年にカナダへ移り住みます。

Roots ルーツ カナダ

引用:thecanadianencyclopedia.ca Michael Budman(左) とDon Green(右) in 1973

 

Algonquin Parkで見た自然のビーバーと山小屋の雰囲気にインスパイアされた二人によって、

ルーツ ロゴ「 Rootsのロゴ」

のデザインは作られました。

 

ネガティブ・ヒール”negative heel”靴の専門店からスタート

 

ルーツは1973年、トロントのYonge Streetに一号店がオープンします。

最初はネガティブ・ヒール靴(Negative Heel Shoes)を販売する靴店の専門店としてスタート。

その機能性と質の良さから徐々に人気店へと成長します。

【ネガティブヒールの靴とは】
ネガティブヒール Roots ルーツ カナダ靴を作る時に、 爪先より踵(かかと)を低く設計する手法の一つ。

『履くだけで姿勢が正しくなる』といわれるアース・シューズはこの手法を用いた靴の典型です。

ネガティブヒール ルーツ Roots

引用:rootscanada.tumblr.com/

その後、本格的に革製品の工場をオープン。

たった数年で、革靴だけでなく革を使ったカバン、ブーツ、ジャケットなどの製品も取り扱うようになり大発展していきます。

現在では、革製品以外にもアウトドアウェアを中心とした洋服、時計・アクセサリーなども力をいれています。

 

今やオリンピック選手セレブからも愛される有名ブランドに

 

ルーツは、1998年の長野冬季オリンピックでカナダ選手の公式ユニフォームを担当し、一気に国民的ブランドになりました。

ルーツ Roots 

引用:thecanadianencyclopedia.ca

現在でも、カナダを代表するアパレルブランドとして多くのセレブ達からも注目されています。

マットデイモン(Matt Damon)やベンアフレック(Ben Affleck)などのハリウッドスターから、

ビル・クリントン( Bill Clinton)元米大統領 や、カナダ元首相のジャンクレティエン(Jean Chrétien)までもが、幅広く愛用していると言われています。

Canada’s got your back. #RootsIsCanada

A post shared by Roots Canada (@rootscanada) on

最近では、2011年にトロント出身のR&B歌手・Drakeがプロデュースする、

アパレルOctober’s Very Own(OVO)とのコラボジャケットなども手がけて話題を呼びました。

 

 

Roots・日本には上陸の日は近い?!

 

Rootsは現在、日本に出店はまだなく、通販ショップのみの取り扱いとなっています。

ルーツ Roots スエットスーツ

引用:roots.com(スエットスーツ商品一部抜粋)

カナダ国外では、アメリカ・香港・上海・台湾に進出しており、

シンガポール・マレーシアへの出店が新たに検討されているらしく、

日本への進出もそう遠くないかもしれませんね。

 

 

Roots(ルーツ)が人気のヒミツ

 

Rootsと言えば、まずは質が良くてずっと使えると評判の革製品が代表的。

シンプルでかつデザイン性も高く、ジャケット一つとってみてもS以下のXS・XXSサイズ、上はM L・XLとサイズも豊富です。

・北米の服や靴のサイズ一覧!日本とどう違う?

ルーツ トップサイズ

引用:roots.com

洋服は、子供から大人までゆったりリラックスして着ることができる洋服が多いのが特徴です。

「良いものを長く大切に使う」というコンセプトも、環境や自然に配慮しているルーツならではですね。

A post shared by kikislaughter (@kikislaughter) on

まとめ

 

カナダ人が大好きな、カナダ・トロント生まれのRoots(ルーツ)。

2015年には新しい経営者に変わり、ますます海外進出を加速させると予想され、

日本への上陸のニュースも近いかもしれません。

メイド・イン・カナダにこだわるからこそ、自然でナチュラル・質のいい製品は、

世界的に急速に広がるファストファッションの店と比べてちょっと別格。

カナダのお土産に、そして普段のおしゃれ着としてもバッチリなRoots。

今後も目が離せませんね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
hana
カナダ・バンクーバー在住3年目の海外生活まだまだ初心者。 40代を行ったり来たりのワーキング主婦。究極の方向音痴と言葉の壁を克服しつつ、多くの人に役立つ情報は何だろうと日々奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バンクーバーの空に描く夢 , 2018 All Rights Reserved.