カナダのお役立ち海外生活情報や英語ライフあれこれ

グランビルアイランドの地ビール工場で飲み比べ!アクセス方法も

2018/06/01
 
グランビルアイランド ビール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
hana
カナダ・バンクーバー在住3年目の海外生活まだまだ初心者。 40代を行ったり来たりのワーキング主婦。究極の方向音痴と言葉の壁を克服しつつ、多くの人に役立つ情報は何だろうと日々奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

 

バンクーバーには地ビール醸造所があって、出来たて冷え冷えビールが飲み比べできる!

と聞けば、もちろん行くしかない。

『グランビルアイランド(Granville Island)』

といえばバンクーバーを代表する観光名所の一つ♪

地元市民の台所でもあり、市場やレストラン、ショップが並ぶ南北500mほどの小さな島です。

そこにある

『グランビル・アイランド・ブリューイング (Granville Island Brewing)』

という地ビールメーカーのお店中心に、バンクーバーで飲めるおすすめのビールをお伝えします。

スポンサーリンク

クラフトビールとは

北米のクラフト・ビール文化は、世界中の経済でも注目されている分野。

バンクーバーにもさまざまな規模の

クラフトビールの醸造所=[Brewery]

があります。

Breweryはにぎやかな社交の場として、仕事帰りに友人と楽しくビールを飲んだり、

タコスやバーガーなどの軽食などの楽しめる場所としても人気です。

グランビルアイランド

日本でよく耳にする「ラガービール」というのもクラフトビールの一つ。

「コクとキレがあってうまい!」

という言葉は、ビールのおいしさを伝えるためによく使われますが、

クラフトビールは「ラガー」の他に、発酵過程によって「エール」や「ピルスナー」などに分類することができます。

クラフトビールの基本「ラガー・エール・自然発酵」

ビールは、発祥した国・地域や製法によってさまざまな特徴があるので、

細かく分類すると150種類以上のカテゴリーに分かれることも。

とはいえ、大まかにはおさえておくのは次の3つだけでOK。

  • ラガー
  • エール
  • 自然発酵

ビールの製造過程で行われる「発酵方法」や、作り方の違いによって分けられます。

日本だけでなく世界中で圧倒的に消費量が多いのは「ラガー」のビール。

スーパードライ、一番搾り、プレモル、これらは全てはラガーに属します。

ざっくり一言で表すなら、

ラガー:淡麗辛口
エール:芳醇旨口

といったところでしょうか。

ラガー

ラガー酵母の発酵は「下面発酵」とも呼ばれます。

比較的低温(10℃前後)で発酵させ、スッキリとした味わいが特徴です。

「ラガー」の中でも細かく分類があり、その一つに「ピルスナー」があります。

バンクーバーで人気のテイスト
『ラガー』『ピルスナー』

 

エール

エール酵母の発酵は「上面発酵」と呼ばれ、発酵温度は20℃前後。ホップや麦芽の香りがより多く含まれフルーティーで華やかな香りが特徴です。

バンクーバーで人気のテイスト
『スタウト』『インディアペールエール(IPA)』『ペールエール』『アンバーエール』

 

自然発酵

ベルギー発祥で、空気中に漂う野生酵母で発酵させたビール。

強い酸味が特徴で、これに分類されるビールは基本的に『ランビック』のみ。

日本では珍しいビールの種類

日本ではラガーが主流ですが、カナダのビールはテイスト(味)で競合する傾向が大きいように思います。

日本ではあまり馴染みのないテイストはこちら。

【ラガー -Lager-】 長時間低温・下面発酵させたビール。ラガーは「貯蔵室」という意味から。のどごしスッキリ・キレのある味
【ピルスナー -Pilsner-】 ラガービールと同じ発酵手法で作られたビールのひとつ。日本の淡色ビールに多い。ラガーよりも軽い口当たりで苦味が少ない
【ペールエール -Pale ale-】 常温で短期間・上面発酵させたビール。エールは泡が少なく、甘みと香ばしさが特徴
【IPA -India Pale ale-】 ペールエールと同じ手法。長期保存のため大量のホップが使用されているため、苦味が強く、アルコール度数が高め
【アンバーエール -Amber-】 ローストされたエール系ビール。色は赤みがあり、香ばしさや薫りが高い
【スタウト -Stout-】 アンバーよりも更にローストされたモルトで作られており、色が黒く、香ばしさと深い苦味が特徴

あとは、なんといってもフレーバー系が多種多様!

ラズベリーなどの果物や、香草・野菜・チョコレートなど…

バンクーバー ビール

ちょっとめずらしい組み合わせのビールも、バンクーバーでは飲むことができます。

カナダ発の地ビールメーカー

『グランビル・アイランド・ブリューイング (Granville Island Brewing)』は、

1984年にオープンしたカナダ初の地ビールメーカー。

グランビルアイランド ビール

小規模な醸造所ですが、今では20種類以上のビールを生産していて、街中のリカーショップでも販売されています。

グランビルアイランド ビール 入口

グランビルアイランドの入り口を入ってすぐ、

グラスやTシャツなどオリジナルグッズを販売するショップとパブが併設されていて連日大人気。

グランビルアイランド ビール

 

グランビルアイランド ビール

テイスティング(試飲)のグラスも5ドルで購入可。容量は5オンス(OZ)・約150ml

やはり一番の楽しみは、ビールの飲み比べ!

フレーバー系のビールなど変わり種もたくさん揃っていますので、ついつい飲み過ぎには要注意。

その他、チップス・サラダ・バーガー、ルートビアなどのソフトドリンク・ジュース含む軽食も充実しています。

グランビルアイランド ビール

自慢のビールを少しずつ味わえるティスティングセットは随時種類が変更。

【テイスティングセット7種】1杯なら2.25ドル・4杯セットなら7ドルでお得、

それ以外のビールも、注文すれば試飲サイズでお試しできます!

ラズベリーのエールビールは泡もピンクでフルーティ、すごくおいしかったです(*’ω’*)。

いろいろ試してみて、気にいったのをそのまま隣のショップで購入することもできますよ。

工場見学と試飲ツアー(英語のみ)
・月~木は3回実施 12pm, 2pm, 4pm ・金~日は4回実施 12pm, 2pm, 4pm, 5:30pm 料金:$9.75(ビール3杯試飲付)所要時間:約40分

 

《Granville Island Brewing》
時間:毎日11:00-21:00
住所:1441 Cartwright St, Vancouver, BC
電話:604-687-2739
URL:http://www.gib.ca

グランビルアイランドへのアクセスと地図

バンクーバーの市民の台所、グランビルアイランドは観光客にとっても人気のスポット。

グランビル橋の真下に浮かぶ小さな島は、20世紀の初めには工場街として発展。

その後再開発によって観光スポットとして生まれ変わりました。

マーケットやレストラン・お土産ショップが並びます。

グランビルアイランド 地図

引用:granvilleisland.com

グランビルアイランド 入口

グランビルアイランド入り口☆一年ほど前からネオンが切れていますが気にしないのがカナダ流(笑)

バスでの行き方・地図

ダウンタウン中心部からはGastown、Waterfront・Granville Streetを通る

市バスの「#50」 False Creek South(フォールス・クリーク・サウス)行き

に乗車します。

バスでグランビル橋を渡り『West 2nd Ave.at Anderson』で下車、目の前がグランビルアイランド。

アナウンスもあり、多くの人が一度に下車するので迷うことはないでしょう。

グランビルアイランド 周辺地図

引用:.translink.ca

市バス【translink】の地図ダウンロードはこちら

その他ダウンタウンエリアから

市バス「#4・7・10・14・16」

も利用可。

その場合はグランビル橋を渡ってすぐのバス停で下車したら、

橋の下の”Granville Island”のサインに沿って歩き、5分ほどでメインエリアに到着します。

ミニフェリーでアクセスも

天気がいい日はフェリー(アクアバス)もおすすめです。

  • 虹色のフェリーAquabus
  • 青と白が目印のFalse Creek Ferry

10人乗りくらいの小さな市営のミニフェリーがフォークスクリークを往復しています。

ダウンタウンの数カ所からグランビルアイランドまでアクセス可能で、それぞれ5~30分ごとに出発。

アクアバス グランビルアイランド

引用:theaquabus.com

運が良ければ、野生のオットセイが顔を出すこともあるんですよ!

どちらのフェリーも、Public Market(パブリックマーケット)のすぐ近くに到着します。

運賃はゾーン制で、利用区間によって異なります。(3.25ドル~)

チケットの支払いは、現金のみ。

お得な「往復チケット」や「回数券」もありますが、同じフェリー会社を使わなければなりません。

【Aquabus】
WEB:www.theaquabus.com

グランビルアイランド フェリー

地図上の③番イエールタウン近く、または⑥番の発着場所が、ダウンタウンからもアクセスしやすく景色も楽しめて人気。
※グランビルアイランド内の乗降場所は、Public MarketとArts Club Theatreの間です

【False Creek Ferry】
WEB:www.granvilleislandferries.bc.ca

グランビルアイランド 地図

Aquabusと同じ場所、イエールタウン近くの2箇所(上記地図③番と⑥番)が便利。

ほかにも、Maritime MuseumやAquatic Centre等からもアクセス可能。

※グランビルアイランド内の乗降場所は、Public Marketの近くのBridges Restaurantエントランス付近。

徒歩

グランビルアイランドヘは、ダウンタウンからグランビル橋を徒歩で渡って行くこともできます。

車で

アイランド内には無料・有料どちらも駐車スペースがいくつかあります。

ただ、夏期など込み合う時期は混雑するため、できれば公共機関を使った方がよいでしょう。

まとめ

ビールといえばラガービール。でも、それがどういう意味か今まで知らなかったのでびっくり!

製法や発酵の違いでビールも本当にいろんな種類があり、奥が深いですね。

『あら、まだラガー系しか飲んでないの?私はピルスナーの方が口当たりもいいし好きだわ~オホホ♪』

なんて一度しか試してないけど、今度誰かにドヤ顔で語ってみようかしら( ;∀;)

あなただけのお気に入りのビール、ぜひ見つけてみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
hana
カナダ・バンクーバー在住3年目の海外生活まだまだ初心者。 40代を行ったり来たりのワーキング主婦。究極の方向音痴と言葉の壁を克服しつつ、多くの人に役立つ情報は何だろうと日々奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バンクーバーの空に描く夢 , 2018 All Rights Reserved.